あなたはあなたのままでいい。

よく聞く言葉ですよね。

 

でも、「あなたのまま」でいられない人の方が多いかもしれません。

現代は情報過多にもなり、惑わされることも多くなりました。

 

今、あなたは悩んでいませんか?

少しでも良い人生を歩みたいと思いませんか?


あらゆる良策を考えても先行きが見えない。

 

思いきって行動を起こしても、全て裏目に出てしまう。

 

それが怖くて行動が起こせなくなる。

 

不安が先に立ち、ただただ立ち尽くすしかできない。

 

どんなに本を読んでも、どんなに気分転換しても、どんなに笑顔でいようとしても、

何が良くて何が悪いのか、もう分からない。

生きていれば、そういう時がありませんか?

 

自分で乗り越えられることは素晴らしいですし、最終的にはそう思います。

 

しかし悩んでいる時間を少しでも短縮できるのが気学です。


気学とは???

 

気学 

 

はじめに

 

「あの人は、何をしても運がいい」、「あの人は、何をしても運が悪い」、そのような方が周囲にいらっしゃいませんか?

 

あるいは、それは、自分自身のことかもしれませんね。

 

運の良し悪しというのは、生まれつき決まっているのか?と申しますと、だいたいの運勢は決まっています。これを、先天運と言います。

 

なぜなら、生まれた年、月、日、時に吸った大気により、私たちの宿命というのが決定づけられてしまうからなのです。

 

しかも時は規則正しく動いて、一日・一か月・一年と、止まることはありません。

 

 

絶え間なく流れづつける時の中でも、人それぞれ、人生の浮き沈みがあることから、気学は「動の運命学」と呼ばれています。

 

 

また先天運とは逆に、自ら積極的に行動することで、運を変えていくのを後天運と言います。

 

 

 

 

自分の運勢が弱いため、何をしてもダメなんだと悲しむのではなく、運というものは『自分の行動次第で作り替えることができる』ということです。

 

 

本気、勇気、元気、活気、根気等、私たちは日常での中で「気」という言葉をよく使っています。

 

『気』は、形のない物質ですが、宇宙の大気に充満しているエネルギーであり、わたしたちはそのエネルギーの中で生かされ、一生を過ごしていきます。

 

その大気のあり方を学び占う運命学が、気学というものです。

 


気学とは正しいのか???

 

「科学的証明は?」と聞かれましたら、それは困難です。

 

何故、わたしが気学に興味を持ち、こうして仕事にまでするようになったか?

 

これは本当に不思議なことです。

 

信じるか信じないかは、読み手のあなた様にお任せいたします。

 

ある日、愛媛県松山にある石鎚神社をブツブツ唱えるようになったのです。

 

「石鎚神社に行こう…石鎚神社に行こう」と。

家族は気味が悪かったようです(笑)

 

わたしも、何でいきなり言い始めたのかは分かりません。

 

それまでは、気学というものは全く知りませんでした。

 

お店は田舎にある自宅で、細々と天然石のお店から始めたのです。

 

ゆっくりのんびり営業していました。

 

しかし、石鎚神社に行った後から、お客様が突然ドンドン入るようになりました。

 

特に宣伝もしていないのに、ご新規様がドンドン入るようになりました。

 

理由は分かりませんでした。

 

ある日、何となくネットサーフィンをしていたら、方位がどうのこうのと。それが気学でした。

 

「石鎚神社方面に行くと良かったということでは?」とても気になりました。

 

後ほど分かりましたが、やはりそうでした。気学をもっと早くに理解していたら、もっと早く人生が良くなったんだ!と、わたしは思いました。

 

「失敗も経験のうち」良く分かります。

しかし、人生は有限です。取り返しのつかない失敗もあります。

 

それから、わたしは気学を学びました。今は教えるようにまでなりました。ぜひご連絡くださいね。お役に立てるかと思います


ご予約・お問い合わせ08086367398 

LINE@登録後、ご予約・お問い合わせ友だち追加

メニュー・料金・アクセス

輝石堂 きたよしこ

プロフィール

喜多美子 (きたよしこ)

香川県在住6月28日生まれA型

 

●趣味 温泉。子育て。そして一番は仕事です。

 

主人 次女三女ワンコ2 ニャンコ1長男 長女(別)

 

私がどのような生き方をしてきたか?

 

どのような価値観の人間か?知っていただくために、幼少期のエピソードなど書かせて頂きました。お付き合い、頂けたら幸いです。

 

●幼少期会社を経営する裕福な家庭で生まれ、周囲はとても私を可愛がってくれました。

 

兄と、とても仲が良く、家の中でも兄にずっとひっついていました。

 

親に叱られた時は、拗ねて車の中でよく寝ていましたが、必ず兄が迎えに来てくれました。

いつもおんぶされて、自宅に帰っていたのを覚えています。

 

 

●思春期かなり荒れていました。中学2年生は、ほとんど学校には行っていません。

小学校5年生になった時、父が倒れました。私が高校に入るまで、父は入退院を繰り返していました。

 

当時、母は父に完全介護です。クモ膜下出血という、脳の病気です。

父は家族が誰なのかを認識することすらできなくなりました。私が高校に入り、植物人間になりました。

 

普通の学生のような家庭環境ではなかったので、情緒が不安定になっていたのだと思います。

 

その中でも、私に救いがありました。

中学校で出会った担任、楠木先生との出会いです。

その出会いがあったからこそ、中学校に行くようになりました。

 

今でも「楠木先生と出会わなかったら…」そう思うことがあります。